Get Play: A Theory of Learning and Change PDF

By Tara Brabazon

ISBN-10: 3319255479

ISBN-13: 9783319255477

This e-book examines the query of why ‘play’ is a cheerful and benevolent verb in youth, but a subjective label of behaviour in maturity. It reviews the transformation of the certainly labelled time period ‘child’s play’, used to consult our early years, into an aberrance or deviation from general social relationships in later lifestyles, after we communicate of enjoying up or being silly. It solutions the query by means of featuring play as a idea of studying, an ideology that circumscribes behaviour, and a manner of considering. Written by way of students of early adolescence via to extra and better schooling, the e-book offers study on play enacted in a fashion that arches past the specificity of age teams or predictive, normative styles. it really is foreign in its concentration, relocating past insular, inward and parochial academic criteria and obstacles in a single urban, province, nation or state. eventually, it demonstrates the price of play to academic coverage and theories of learning. 

Show description

Read Online or Download Play: A Theory of Learning and Change PDF

Best child psychology books

Read e-book online Starting from Scratch: The Origin and Development of PDF

This publication compares the start of symbolic notion in human infancy with that of our shut primate family members, the chimpanzees. the writer investigates the precursors of symbolism via learning the activities and interactions of a small crew of those clever, non-human primates who dwell in Singapore Zoo.

Download e-book for kindle: Understanding Adoption: Clinical Work with Adults, Children, by Kathleen Hushion,Susan B. Sherman,Diana Siskind,Christopher

Adoption is a transformational procedure bringing parenthood to people who lengthy for yet can't undergo childrens and giving stranded teenagers domestic, relations, and their position on the planet. yet each adoption is preceded and through its tale and while those tales are advised within the places of work of psychotherapists we start to appreciate the effect of adoption in all its complexity.

Download PDF by Tara Brabazon: Play: A Theory of Learning and Change

This ebook examines the query of why ‘play’ is a cheerful and benevolent verb in formative years, but a subjective label of behaviour in maturity. It stories the transformation of the definitely labelled time period ‘child’s play’, used to consult our early years, into an aberrance or deviation from general social relationships in later existence, after we communicate of taking part in up or fooling around.

Get naritai jibuni nareru (Japanese Edition) PDF

「なりたい自分になれる」--------------------------------(目次)第1章 なりたい自分になれる第2章 自分は変われる第3章 自分を愛するには第4章 自分を成長させる第5章 人を愛するには第6章 イヤな気分を卒業するには第7章 愛は素晴らしい第8章 私は、私のままで大丈夫として、50項収録。--------------------------------(本文より、例として、二項掲載)第一章、第二項「何をやっても人の目が気になってしまう」人の目を気にするのは、悪いことではありません。むしろ、社会生活の基本です。でもそれが行き過ぎると、自分が苦しくなります。人からよく思われたい。馬鹿にされたくない。恥ずかしいことはしたくない。冷たい人と思われたくない。人に良い印象を持ってもらうことばかり努力していると、疲れます。幸福感はありません。しかも、それでみんなから好かれるのかと言えば、それも上手くいきません。「八方美人」は疲れます。一人になった時に「ふーっ」とため息をつくようになります。そして自分のやりたいことを、自信を持って実行できなくなります。では、どうするか。いい手があります。自分を守ろうとしている「欲を」はずすのです。思い方を反対にします。すると人の目は気にならなくなるのです。たとえば「あの人から馬鹿にされたら困る」と思ったら、「あの人を尊敬する」にします。「馬鹿にされたくない」の本当の意味は「尊敬されたい」です。これは自分の「欲」です。「尊敬されたい」の反対、つまり「尊敬する」にすると、とたんに自分の「欲」が取れます。「尊敬する」のなかには、守らなければならない「自分」がありません。すると自分が見られていることに対して注意が向かなくなります。人の目を気にする癖のある人は、他人からよく思われたい自分の欲を見つけて、その逆をやってみてください。すると行動が、人生が、軽く楽になります。--------------------------------第一章、第三項「好きな人に好かれる女の子になりたい」「好きになってほしい」を続けていると、当然ですが披露します。自分をかわいく見せようとしたり、サービスをしたり、プレゼントをしたり。やっていることは、かわいらしいことですが、意識は「支配欲」ですから、疲れます。では、「好きな人から、好かれたい」という気持ちを、もう少し詳しく考えてみましょう。「私は、あの人が好きだ。あの人にも私のことを好きになってほしい。でも、あの人は私のことを好きだと思っていない。だから、私は不幸だ。でも、あの人が私を好きになれば、不幸の原因は解消される。つまりあの人は、私を好きになるべきだ。私を好きになるしか、選択はさせたくない。さて、どうやったらそれができるか。私を絶対に好きにさせる方法は……」ちっとも、かわいくありません。自分は自由なままで、相手のことは支配したいのです。傲慢です。強欲です。そしてとても疲れます。なぜ疲労するかと言えば、見返りを期待してやっているからです。つまり、仕事をしているのと同じです。だから、とても疲れるのです。愛するということは、見返りを期待していません。だから、疲れません。恋愛は、楽しいのが本当です。恋愛を仕事にしてはいけません。できる事は自分が愛するです。相手は相手の自由です。そして愛することは、無限にできます。「何も期待せずに、ただ愛する」ことができれば、確かで、揺るぎない、本当の幸せを、体いっぱいに感じることができます。--------------------------------

Additional resources for Play: A Theory of Learning and Change

Example text

Download PDF sample

Play: A Theory of Learning and Change by Tara Brabazon


by Mark
4.1

Rated 4.45 of 5 – based on 9 votes